メインコンテンツにジャンプ
HCL Logo Help Center
HCL TECHNOLOGIES ABOUT US PRODUCTS & SOLUTIONS RESOURCES CONTACT US
HCL Notes® 11.0 の資料
HCL Notes® 11.0 の資料へようこそ。
HCL Notes® 11 のさまざまな新機能および機能拡張について説明します。
最新の概観
HCL Notes® 11 は、シンプルでユーザー指向の外観を備えています。
機能拡張
HCL Notes® 11 の新機能の詳細については、次のトピックを参照してください。
ヘルプを表示する
実行中の多くのタスクに固有のヘルプを表示できます。また、HCL Notes® のすべての領域に関する完全なヘルプを表示できます。
HCL Notes® のユーザーインターフェースは、ビューメニュー、ツールバー、ナビゲーションペイン、サイドバーで構成されており、これらを使用すると使用頻度の高いアプリケーションに簡単にアクセスできます。
[開く] リストの使用
[開く] リストを使用すると、HCL Notes® アプリケーション、文書、ブックマーク、ブックマークフォルダを開くことができます。[開く] リストには、各アイテムのアイコンと簡単な説明が表示されます。
ツールバー
ツールバーは、ワークスペースのすべてのアプリケーションで使用できます。実行しているタスクによって変化する、状況依存のツールバーもあります。
サイドバーの使用
サイドバーを使用すると、HCL Sametime® の連絡先、カレンダー、フィードリーダー、アクティビティに常にアクセスできます。サイドバーに表示されるアプリケーションを変更することもできます。ただし、ユーザーが所属する組織によっては、サイドバーに表示されないアプリケーションもあります。
ステータスバー: 現在の状態に関する情報
ステータスバーは、HCL Notes® のメインウィンドウの最後に表示されます。Notes で作業をしていると、システムメッセージや機能がこのステータスバーに表示されます。
ウィンドウタブを操作する
ウィンドウタブは、HCL Notes® で開いている文書やアプリケーションを切り替える際に便利です。
設定
HCL Notes® の動作と表示は、Notes プリファレンスによって必要に応じてカスタマイズできます。
ユーザー補助機能は、動作が制限されている方、視力の限られた方など、身体に障害を持つ方々に IT 製品をご使用いただけるように支援する機能です。
キーボードショートカット
キーボードショートカットを使用して、HCL Notes® のタスク間を移動したり、タスクを実行することができます。
HCL Notes® を起動すると、メールやカレンダーなどのアプリケーションを開くように Notes を設定しない限り、デフォルトによりユーザーのホームページが開きます。デフォルトの [使い方] ページから、リリースの新機能、新規ユーザー向けの入門資料、役立つヒントなど、対象とする Notes クライアント情報をより迅速かつ容易に見つけることができます。最近使用したワークスペース、メール、カレンダーなどの Notes アプリケーションを起動できる [クイックリンク] タブもあります。
デフォルトホームページを変更する方法
現在のホームページを、作成済みのホームページや他のレイアウトのホームページに簡単に変更することができます。
新規のホームページを作成する方法
HCL Notes® や Web から、重要な情報をまとめた独自のホームページを作成することができます。ホームページの作成には、ホームページウィザードを使用します。
自分が作成したホームページを削除する方法
ホームページのデザインは複数登録できます。また、作成したデザインは削除できます。
自分のホームページをカスタマイズする方法
作成したホームページの内容やページレイアウトは、いつでも変更することができます。
HCL Notes® ワークスペースは Notes で以前から使用されているユーザーインターフェースであり、Notes アプリケーションアイコンを含むページを表示します。
ワークスペースページを作成する方法
アプリケーションへのリンクを管理するワークスペースページを作成できます。ワークスペースは、最大 32 ページまで作成できます。
ワークスペースページに名前を付ける方法
ワークスペースページに名前を付けて、使用しているデータベースを整理できます。例えば、ヒューマンリソース情報を含むアプリケーション、セールス関連のアプリケーション、インターナショナル関連のアプリケーションの 3 種類のアプリケーションを使用している場合、「HR」、「セールス」、「インターナショナル」という名前を別々のワークスペースタブに付けて、それぞれのアプリケーションを対応するワークスペースページに移動できます。
ワークスペースの背景を変更する方法
ワークスペースに独自の背景イメージを使用したり、イメージを削除してワークスペースタブの色を背景として使用したりすることができます。
ワークスペースページを削除する方法
ワークスペースは簡単に削除できます。
別のワークスペースページに切り替える方法
ワークスペース上部のワークスペースタブをクリックします。キーボードを使用して別のページに切り替えるには、Ctrl キーを押しながら、左矢印か右矢印を押します。
ワークスペースタブの色を変更する方法
ワークスペースタブの色は変えることができます。
ワークスペースファイルを圧縮するには
desktop6.ndk と呼ばれるファイルを圧縮することによって、ディスクスペースを節約できます。このファイルはワークスペースファイルの 1 つです。圧縮によりワークスペースから削除されているアプリケーションの参照を削除することで、ディスクスペースを増やすことができます。
ブックマークとは、HCL Notes® アプリケーション、ビュー、文書、Web ページやニュースグループなどのインターネット要素を指すリンクのことです。ブックマークフォルダは複数のブックマークをまとめたものです。ブックマークフォルダにはブックマークや別のフォルダを含めることができます。
ブックマークを作成する方法
ブックマークはさまざまな方法で作成できます。
ブックマークを自分のホームページに設定する方法
アプリケーション、文書、Web ページに作成したブックマークを、HCL Notes® を開くたびに表示されるホームページ (デフォルト表示) として設定できます。ホームページの設定はいつでも変更できます。
ブックマークを操作する
ブックマークやブックマークフォルダのカスタマイズと管理は、コンテキスト (右クリック) メニューやドラッグアンドドロップなど、各種のメニューとツールを使用して簡単に行うことができます。
ビューには、同じような条件の特定の文書が表示されます。例えば、メールには [すべての文書] ビューがあります。このビューには、メールアプリケーションに含まれるすべての文書が表示されます。また、[送信] ビューには、送信済みの文書のみが表示されます。
共有ビュー/フォルダと個人ビュー/フォルダ
Notes® アプリケーションのビューとフォルダには、共有 (多数のユーザーが使用可能) と、個人 (1 人のユーザーのみが使用可能) の 2 種類があります。
ビューを作成または削除する
適切なアクセス権がある場合は、Notes® アプリケーション内にビューを作成できます。作成したビューを削除することもできます。
ビューを操作する
ナビゲーションペインを使用してビューを簡単に切り替えられます。さらに、[表示] メニューから、ビューの更新、未読文書または選択文書のみの表示、ビューの検索などのさまざまな操作ができます。
ビュー列の表示をカスタマイズする
次の手順で、ビューでのエントリ情報の表示方法をカスタマイズできます。
ビューのカテゴリを管理する
カテゴリを使用すると、多くの文書を含むビューでデータを整理したり、ビュー内をより素早く移動したりできます。カテゴリは、アルファベット順、数字順、日付順にソートできます。
フォルダを作成または削除する
Notes® アプリケーションに個人フォルダを作成するには、アプリケーションのアクセス制御リスト (ACL) で [読者] 以上のアクセス権が必要です。ほかのユーザーが個人フォルダを読んだり削除することはできません。
文書をフォルダへ追加、またはフォルダから削除する
フォルダに文書を追加するには、そのフォルダに文書を移動するか、元のフォルダにコピーを保持したままでフォルダに文書を追加します。
フォルダから文書を削除する
文書は、フォルダから削除しても、アプリケーションやビューからは削除されません。[すべての文書] ビューなど、文書が元々配置されていたビューには、文書が表示されます。
フォルダやビューを移動する
次の手順で、ナビゲータペインのフォルダまたはビューをほかのフォルダまたはビューに移動できます。
フォルダやビューを名前変更する
個人フォルダまたはビューの名前はどれも変更できます。[編集者] 以上のアクセス権があり、[共有フォルダ/ビューの作成] が [アクセス制御リスト] で選択されていれば、HCL Notes® アプリケーション内のどの共有フォルダまたはビューの名前も変更できます。
1 つの文書を印刷したり、複数の文書を同時に印刷したりできます。また、ビュー (HCL Notes® アプリケーションの文書リスト) や、Notes と Web のフレームセットを印刷することもできます。
文書を印刷する
次の手順に従い、開いている文書や、ビューで選択した文書を印刷できます。
ビューを印刷する
HCL Notes® アプリケーションでは、ビューは基本的には文書のリストです。リストに表示されるテキストはすべて印刷できます。
印刷用のヘッダーとフッターの作成
印刷する HCL Notes® 文書のページに、ヘッダーまたはフッターを追加できます。例えば、ヘッダーやフッターを使用して、印刷する文書にページ番号などを印刷できます。
このセクションのトピックは、Notes の上級ユーザー向けに書かれたものです。
Notes の制限事項
HCL Notes® の制限事項を次の表にリストします。
Notes Smart Upgrade を使用する
管理者は、Notes® クライアントを最新のリリースにアップグレードする通知を送るように HCL Notes Smart Upgrade を設定できます。ログインするたび、HCL Notes Smart Upgrade は、インストール済みの Notes のバージョンと管理者が使用可能にしたバージョンを比較し、該当する場合は、アップグレードを求めるプロンプトを表示します。
メールファイル設計のアップグレード
管理者は、HCL Notes® クライアントをアップグレードすると自動的にメールファイルテンプレートがアップグレードされるように、アップグレードを管理できます。アップグレード後に初めて Notes クライアントを起動すると、Notes は、連絡先のようなローカルアプリケーションテンプレートの設計のアップグレードを始めます。
詳細メニューを表示する
上級ユーザー向けに、詳細メニューセットを表示することができます。詳細メニューのオプションはシステム管理者や設計者以外のユーザーも対象にしており、Notes® アプリケーションのアーカイブや削除、埋め込み要素の作成、ツールのデバッグなどの操作を行うメニューがあります。
メールの送信や返信、署名の作成、受信ボックスの外観のカスタマイズを行うことができます。誤って送信したメールの取り消しや、不在通知を設定するなどの操作を行うこともできます。
メールの使用を開始する
メールの送信、受信、整理などができます。
メールのクイックリファレンス
このクイックリファレンスには、メールの基本操作を説明する画面イメージが含まれています。また、そのほかの共通タスクとショートカットのリスト表も含まれています。
メールの設定を個別設定する
メールプリファレンスを変更して、メールの動作を個別設定できます。
受信ボックスを常に整理する
ジャンクメール、メール制限値、会議通知を管理することで、受信ボックスを常に整頓された状態にできます。
メールアクセスと代理
アクセス権を付与することで、自分のメールをほかのユーザーが表示、編集できるようにしたり、ほかのユーザーのメールを自分が表示、編集できるようにします。
メールに関してそのほかに可能な操作
メールでは、受信ボックスのメッセージをカラーコード化したり、不在通知を設定するなど、ほかにもさまざまなことができます。
メールのトラブルシューティング
メールについての問題解決に役立つ情報を得ることができます。
メールトピックの詳細
メールで実行できることについて理解できます。
会議のスケジュール、スケジュールの管理、ほかのカレンダーの追加などの操作を行うことができます。
カレンダーの使用を開始する
会議、予定、記念日、確認、イベントをスケジューリングしたり追跡したりできます。
カレンダーのクイックリファレンス
このクイックリファレンスには、カレンダーの基本操作を説明する画面イメージが含まれています。また、そのほかの共通タスクとショートカットのリスト表も含まれています。
会議を操作する
会議のスケジュール、会議室とリソースの予約、オンライン会議とオーディオ/ビデオ会議情報の追加が行えます。また、会議に参加可能か確認するためにユーザーの空き時間をチェックしたり、ほかのユーザーに自分の空き時間を見えるようにすることもできます。
カレンダーの設定を個別設定する
カレンダーの外観を変更したり、受信ボックスに受け取る会議通知を選択したりすることができます。
カレンダーアクセスと代理
アクセス権を付与することで、自分のカレンダーをほかのユーザーが表示、編集できるようにしたり、ほかのユーザーのカレンダーを自分が表示、編集できるようにします。
カレンダーに関してそのほかに可能な操作
会議のスケジューリングを簡単にするための優先会議室やオーディオ/ビデオ会議情報の設定など、カレンダーに関してほかにもさまざまな操作ができます。
カレンダーのトラブルシューティング
カレンダーについての問題解決に役立つ情報を得ることができます。
カレンダーの詳細トピック
カレンダーで実行できることについて理解できます。
実行する必要があるタスクを追跡したり、タスクを他のユーザーに割り当てることができます。
タスクの使用を開始する
タスクを作成、割り当て、整理できます。
タスクのクイックリファレンス
このクイックリファレンスには、タスクの基本操作を説明する画面イメージが含まれています。また、そのほかの共通タスクとショートカットのリスト表も含まれています。
タスクの設定を個別設定する
タスクにアラームを設定する、今日のタスクのみを表示する等、さまざまなことができます。
タスクアクセスと代理
アクセスを付与することで、ほかのユーザーに自分のタスクを管理してもらうようにできます。また、アクセスを付与してもらうことで、ほかのユーザーのタスクを自分が開いて管理することもできます。
ユーザーに関する役職、住所、誕生日などの情報を保存できます。また、グループを作成してメーリングリストとして使用したり、連絡先をラベル形式で印刷するなどの操作を実行することもできます。
連絡先の使用を開始する
メールアドレス、誕生日、会社名などの重要な情報を保存しておくことができます。連絡先をほかのプログラムからインポートすることなどもできます。
連絡先のクイックリファレンス
このクイックリファレンスには、連絡先の基本操作を説明する画面イメージが含まれています。また、そのほかの共通タスクとショートカットのリスト表も含まれています。
連絡先の設定を個別設定する
連絡先の外観を変更できます。
連絡先アクセスと代理
アクセス権を付与することで、自分の連絡先をほかのユーザーが表示、編集できるようにしたり、ほかのユーザーの連絡先を自分が表示、編集できるようにします。
連絡先に関してそのほかに可能な操作
連絡先を使用すると、宛名ラベルを印刷する、iNotes やモバイルデバイスと同期する、などのさまざまな操作ができます。
連絡先のトラブルシューティング
連絡先についての問題解決に役立つ情報を得ることができます。
HCL Notes® アプリケーションには、各部門のフォームやポリシー文書などの目的に応じた情報が含まれます。また、メールメッセージなど同様の形式の文書が含まれる場合もあります。さらに、特定の項目に対して従業員が返答を投稿できる「ディスカッションアプリケーション」を作成している企業もあります。
Notes アプリケーションの使用を開始する
HCL Notes® アプリケーションには、各部門のフォームやポリシー文書などの目的に応じた情報が含まれます。また、メールメッセージなど同様の形式の文書が含まれる場合もあります。さらに、特定の項目に対して従業員が返答を投稿できる「ディスカッションアプリケーション」を作成している企業もあります。
Notes アプリケーションのクイックリファレンス
このクイックリファレンスカードでは、一般的なタスクの操作説明と Notes アプリケーションへのショートカットが提供されます。すぐに参照できるように、このクイックリファレンスカードを印刷してお手元に準備しておくと便利です。
Notes アプリケーションの詳細トピック
Notes アプリケーションのより詳細なタスクとしては、どのアプリケーションをバックアップの対象とするかの決定、Notes とともに XPage アプリケーションの使用方法の決定、アプリケーションへの購読の作成があります。
IBM® Notes® ブログテンプレート (dominoblog.ntf) を使用して、ユーザー個人の Web ログ (ブログ) を作成できます。ブログアプリケーションを作成したら、そのアプリケーションを他の Notes® アプリケーション (NSF) ファイルと同じように開くことができます。ブログアプリケーションから、コンテンツやブログディスカッションの作成と管理を行うことができます。
ブログの使用を開始する
Notes のブログテンプレートで作成されたブログで、表示、投稿、コメントを行います。
ブログのクイックリファレンス
Web ログ (ブログ) についての最も一般的なタスク、より高度なタスクのいくつか、そのタスクの基本的な実行方法を素早く見つけることができます。
ブログの詳細トピック
初期のセットアップと設定に加えて、詳細なビュー、フォーム、タスクを使ってブログを管理できます。
このトピックでは、サーバーへの接続、サーバーに接続する方法、サーバー接続を設定するために知っておく事柄について説明します。
ロケーションとアカウントの使用を開始する
サーバーに接続すると、Notes® は、ロケーション文書とアカウント文書を使用して、この接続を設定します。ロケーション文書には、サーバーへの接続方法を変更した場合に Notes が接続を管理するために必要とする情報が含まれています。例えば、ホームロケーションでは、ご使用のオペレーティングシステムのリモートアクセスソフトウェアを使用して、インターネットサーバーにダイヤルします。これに対して、オンラインロケーションでは、LAN に接続しているものと見なされます。アカウント文書には、インターネットメールなどのインターネット接続に関する情報 (例えば、ユーザー名やパスワード) が含まれています。
ロケーションとアカウントのクイックリファレンス
このクイックリファレンスカードでは、一般的なタスクの操作説明と Notes ロケーションとアカウントへのショートカットが提供されます。すぐに参照できるように、このクイックリファレンスカードを印刷してお手元に準備しておくと便利です。
ロケーション、アカウント、接続についての作業
サーバーに接続する際にコンポーネントで必要となる情報を提供する、ロケーション、アカウント、接続文書に対してプリファレンスを設定します。プリファレンスによって、特定のロケーション、アカウント、接続文書の作成、編集、削除が可能になります。
ロケーションとアカウントの詳細トピック
ロケーション、アカウント、接続文書に関する追加のタスクについて説明します。これには、ロケーション設定のカスタマイズ、Notes での Java アプレットの有効化、iNotes を使用したインターネットからの Notes メールへのアクセスが含まれます。
IBM® Notes® は、エージェント (マクロともいう) を使用してタスクを自動的に実行するようプログラムできます。エージェントは、文書の管理やメールの送信などの、繰り返し発生するタスクの実行に役立ちます
エージェントを操作する
HCL Notes® は、エージェント (マクロともいう) を使用してタスクを自動的に実行するようプログラムできます。エージェントは、文書の管理やメールの送信などの、繰り返し発生するタスクの実行に役立ちます
サンプルエージェント
これらのトピックには、ユーザーがエージェントを作成する方法を理解するために役立つサンプルエージェントが含まれています。
エージェントの詳細トピック
これらのトピックには、エージェントの条件やトリガーについての、上級ユーザー向けの詳細情報が含まれます。
さまざまな手法を使って HCL Notes® とほかのアプリケーションとの間でファイルや図形を共有できます。
情報共有の使用を開始する
これらのタスクでは、Notes にデータをコピーする方法、自分の Notes データを他のアプリケーションに共有する方法について説明します。
ほかのアプリケーションとの情報共有のクイックリファレンス
このクイックリファレンスカードでは、一般的なタスクの操作説明とほかのアプリケーションとの情報共有へのショートカットが提供されます。すぐに参照できるように、このクイックリファレンスカードを印刷してお手元に準備しておくと便利です。
情報を共有する
これらのタスクでは、Notes と他のアプリケーション間でデータを呼び出したり、書き出したりする方法を説明します。
共有情報の高度なトピック
これらのタスクでは、オブジェクトのリンクと埋め込み、書式設定されたデータの呼び出しや書き出しの方法について説明します。
Notes® ローミングユーザーは、所属している組織内の、Notes がインストールされている任意のコンピュータからログインして Notes を使用し、その間自分の個人データを使用することができます。個人データには、Notes の多くのプリファレンスと連絡先、ブックマーク、ノートブック、フィード購読、オプションで Notes ワークスペースなどの個人情報が含まれています。Notes ウィジェットもローミングに 参加します。
Notes ローミングユーザーとして使用を開始する
HCL Domino® 管理者によってローミングユーザー機能が割り当てられます。管理者がローミング対象と設定したデータは、ユーザーのローミングサーバーとそのユーザーがログインする Notes® コンピュータの間で複製または同期されます。ローミングサーバーは、ローミング対象ファイルおよびアプリケーションと、ローミングユーザーがログインして作業しているすべての Notes クライアントとの同期を維持します。
環境を設定する
管理者は、ユーザーをローミングユーザーとして作業できるように設定することにより、ユーザー個人の HCL Notes® アプリケーションや設定を作業先の Notes クライアント間でローミングすることができます。ユーザーが作業先の各コンピュータで Notes にログインすると、最初に Notes ローミングユーザーステータスに変換するよう要求されます。
ローミングユーザーの詳細トピック
次のローミングユーザーのトピックは、Notes® の上級ユーザー向けのものです。
使用する HCL Notes® アプリケーションのオフライン (ローカル) の複製を作成できます。このような複製は、レプリカと呼ばれます。
複製の使用を開始する
複製を行うと、Notes® アプリケーションのローカルバージョンをハードドライブ上に保持することができます。ローカルバージョンはサーバー上のアプリケーションと同一であり、一方のバージョンに変更を加えると、アプリケーションのローカルバージョンとサーバーバージョンの両方に反映されます。ネットワークを介してサーバーアプリケーションを使用するよりも、アプリケーションのローカルバージョン (レプリカ) で文書やビューを開く方がはるかに速いので、サイズの大きな文書やアプリケーションを扱うときには、複製を行うと非常に便利です。
複製のクイックリファレンス
このクイックリファレンスカードでは、一般的なタスクの操作説明と Notes® 複製へのショートカットが提供されます。すぐに参照できるように、このクイックリファレンスカードを印刷してお手元に準備しておくと便利です。
複製を管理する
[複製と同期] ページでは HCL Notes® アプリケーションの複製を、1 つ以上のサーバーに存在するそれらのアプリケーションと同期できます。Notes があるアプリケーションから別のアプリケーションに変更内容をコピーしている間、ユーザーは他の作業を続行できます。これによって、あらゆる場所の異なるネットワーク上のユーザーが、同じ情報を共有できるようになります。
複製の詳細トピック
次の複製トピックは、Notes® の上級ユーザー向けのものです。
検索機能を利用して、文書、文書中のテキスト、アプリケーション、ユーザーを検索することができます。また、検索条件書式のタイプと検索範囲の設定を行うこともできます。
検索の使用を開始する
Notes から、文書、文書テキスト、アプリケーション、ユーザーを検索できます。
検索のクイックリファレンス
このクイックリファレンスカードでは、一般的なタスクの操作説明と Notes 検索へのショートカットが提供されます。すぐに参照できるように、このクイックリファレンスカードを印刷してお手元に準備しておくと便利です。
検索を操作する
正しい検索構文を理解し、カレンダー、連絡先、ほかアプリケーション、インターネットに対するすべての検索を Notes 内で行います。
詳細検索トピック
Notes の検索機能についてより詳しく理解します。
HCL Notes® のセキュリティ機能は、ワークスペースとデータを常に保護し、ユーザー本人と指定されたユーザーのみがデータにアクセスできるようにします。
Notes のユーザー ID とその保存方法
パスワードの変更
パスワードは、自分のユーザー ID をほかのユーザーが使用できないようにするためのものです。管理者は、ユーザー ID を作成するときに、パスワードが必要かどうか、またどのようなパスワードが必要かを決めます。HCL Notes® に初めてアクセスしたときに、自分には覚えやすいが他人には想像しにくいパスワードに変更してください。
Notes 共有ログインを利用して、パスワードを求めるプロンプトが出ないようにする
Notes® 共有ログイン機能 (以下、共有ログイン) を使用すると、Notes のパスワードを入力しなくても、HCL Notes を起動し、自分のユーザー ID を使用できます。Windows® のパスワードで Microsoft® Windows にログインすればよいだけです。ユーザーの共有ログインの使用状態は、管理者が制御します。
Notes ID をロックする
HCL Notes® ID をロックすると、自分がコンピュータから離れている場合に、他のユーザーが Notes を使用できなくなります。ID をロックすると、Notes の資格情報はクリアされ、すべての Notes サーバーへの接続は切断されます。次に Notes を使用して操作を行うときは、再度ログインする必要があります。
Notes® ログインで Smartcard を有効にする
Smartcard は、クレジットカードに似ていますが、磁気テープの代わりに、マイクロプロセッサとメモリを内蔵しています。コンピュータに Smartcard リーダーがインストールされている場合には、Smartcard を使用可能なユーザー ID を使用して HCL Notes® にログインできるようになりました。Smartcard によるログインが可能なユーザー ID の場合、Notes パスワードの代わりに Smartcard Personal Identification Number (PIN) の入力を求められます。
新しいユーザー名を要求する
新しいユーザー名を要求する場合 (結婚により名前が変わった場合など) は、管理者に連絡する必要があります。
Notes® とインターネットで使用する名前
Notes® で使用するすべての名前を表示できます。
管理者にメールを送信する
認証を使用してサーバーにアクセスする
認証とは、パスポートのスタンプのような電子的なスタンプのことです。サーバーはこれを使用して、ユーザーが本人であることを確認します。認証はユーザー ID に保存されます。管理者から初めてユーザー ID を受け取ると、その ID には Notes® 認証が含まれています。インターネット証明書を使用するように設定することもできます。インターネット証明書は X.509 認証と呼ばれることもあります。
アクセス制御リスト
すべてのデータベースには、HCL Notes® で使用されるデータベースに対するユーザーとサーバーのアクセスレベルが指定されたアクセス制御リスト (ACL) が含まれています。ユーザーに割り当てられたアクセスレベルによって、そのユーザーがデータベースでどのような作業を行うことができるかが決まります。また、サーバーに割り当てられたレベルによって、そのサーバーがデータベースのどの情報を複製できるかが決まります。
ローカルデータベースへのアクセスを制限する
ローカルデータベースの暗号化を有効にしている場合、HCL Notes® はユーザー ID からパブリックキーを使用してデータベースを暗号化します。その場合、データベースの暗号を解除できるのはそのユーザーだけです。それは、そのユーザーがユーザー ID に対応するプライベートキーを持っているためです。他のどのユーザー ID でも、そのデータベースを開くことはできません。
Notes データ
ローカルに保存されているアプリケーションへのアクセスを制限したり、アプリケーション内の文書を暗号化することができます。
特定の文書をほかのユーザーが表示して読めないようにする
ほかのユーザーがアクセスできるデータベースに保存されている文書も、自分と指定したユーザーのみが読めるように設定して保護できます。
シークレットキーを使用して文書を暗号化する
文書に暗号化できるフィールドが含まれている場合は、ユーザー ID に保存されたシークレット暗号キーを使用して、パブリックデータベースに保存しておく文書を暗号化できます。
Notes® でメールの暗号化と署名にパブリックキーとプライベートキーを使用する方法
HCL Notes® では、パブリックキーとプライベートキーのセットを使用して、データを暗号化または復号化したり、デジタル署名を確認したりします。セットになっているパブリックキーとプライベートキーは、数学的に関連付けられており、ユーザー ID に固有です。パブリックキーは、Notes 認証に保存されます。認証は、ユーザー ID と HCL Domino® ディレクトリに保存されます。プライベートキーはユーザー ID にのみ保存されます。
操作制御リストで操作権限を制限する
HCL Notes® のスクリプトや式を実行するさまざまなユーザーや企業の認証者に対して異なる種類の操作権限を指定することにより、クライアントを保護できます。例えば、HCL Domino® 管理者には、署名のないスクリプトや式の実行を除く、あらゆる操作権限を与えます。
POP3、IMAP、LDAP アカウントを保護する
HCL Notes® は Secure Sockets Layer (SSL) をサポートしているので、POP3、IMAP、LDAP アカウントを使用したセキュアな通信が可能です。SSL では、Notes クライアントとアカウントで指定したサーバー間で送信されるデータが暗号化されます。Notes は、SSL のバージョン 2.0 と 3.0 をサポートしています。デフォルトでは、Notes では各サーバーに適した SSL バージョンがセッションで決定されます。
署名付きプラグイン
管理者は、クライアントソフトウェアのインストール時にプラグインも自動的にインストールされるよう設定できます。このプラグインは、クライアントから信用された証明書で署名され、データが壊れていないことが確認されたものです。この方法で署名されたプラグインは、確認のプロンプトを表示することなくインストールできます。
ウィジェットと Live Text を使用すると、エンドユーザーは文書内の Live Text (メールを含む) を、そのユーザー用に作成されたウィジェット (.XML ファイル) を使用して表示し、アクションを実行できます。パワーユーザーと管理者は、ウィジェットを作成および編集し、それらをユーザーにデプロイすることで、Notes® フォーム、ビュー、XPage、文書または複合アプリケーション、サードパーティサービス (Web ページ、フィード、Google Gadget™ など) に対処させることも、特定の Notes ユーザーに対してクライアントプラグインを自動的にインストールまたは更新することもできます。
ウィジェットと Live Text の使用を開始する
ウィジェットと Live Text は 3 つの主なユーザータイプを対象に設計されています。それは、エンドユーザー、パワーユーザー、アプリケーション開発者、管理者です。ポリシーとプリファレンスにより、さまざまなアクセスレベルが制御されます。ロールは多くの部分で重複します。例えば、パワーユーザーは、ウィジェットを作成し、それをエンドユーザーにデプロイします。一方、エンドユーザーはウィジェットを自分で作成するのではなく、自分用に作成されたウィジェットを使用することがあります。
ウィジェットと Live Text を操作する - エンドユーザー
ウィジェットと Live Text のエンドユーザーで、ウィジェットの作成権限もカタログのアクセス権限もない場合、アクティブな文書の Live Text に対してアクションを実行するか、インストール済みウィジェットをダブルクリックすることで、アクションを開始できます。ポリシーまたはプリファレンスの設定によっては、他の操作 (新規ウィジェットをクライアントサイドバーや [マイウィジェット] サイドバーパネルに追加するなど) を実行することもできます。
ウィジェットと Live Text 詳細トピック - パワーユーザーとアプリケーション開発者
Notes® と Web ベースの XML 拡張子 (ウィジェット) を作成および編集し、それらのウィジェットを中央カタログから使用できるようにすることができます。
アクセス制御リストには少なくとも一人の管理者が必要です
このメッセージは <数字> 件の宛先には送信されましたが、インターネット形式でのこのメッセージは次の <数字> 件の宛先には送信されませんでした: <address>
連絡先 (names.nsf) に要求のビューがありません
Java™ アプレットはセキュリティプロフィールと一致しない以下のアクションを試みました
ページのロード中に JavaScript エラーが発生しました
管理者が、このロケーションの設定をメールサーバー上の設定で更新できるようにします
Domino ディレクトリを 1 つ以上開こうとしてエラーが発生しました。有効なアドレス帳の設計を使用しているか確認してください
編集しているときに文書のコピーが保存されています。競合文書として保存しますか?
管理者の設定したポリシーによりアーカイブが禁止されています
ブックマークフォルダとその内容を削除してもよろしいですか?
添付ファイルが署名後に変更されたか破損しました
フォルダを切り替えようとしましたが、フォルダが指定されていません
ナビゲータを切り替えようとしましたが、ナビゲータが指定されていません
ビューを切り替えようとしましたが、ビューが指定されていません
メールファイルを使用するには、まず [ファイル] 、[複製] メニューの [複製] を使用してメールサーバーをコールし、ファイルを初期化してください。
文字を数値に変換することはできません
指定したコマンドを実行できません
複数にかかるセルから行や列を削除できません
デフォルトフォームが設定できません
<name> のドメインが見つかりません
フォームが設定できません: <フォーム名>
ディスクにビットマップが保存できません
ファイルの書き込みまたは作成ができません (ファイルまたはディスクは読み込み専用です)
ファイルへ書き出せません (読み込み専用、容量不足または準備ができていません)
読み込み専用の権限のため文書の変更を保存できません
ID ファイルが開けません
アプリケーションを圧縮しています。終了してから使用してください
アプリケーションは初期化していません。ビューが含まれていません。メニューの [ファイル] > [複製] > [更新] で初期化してください。
アプリケーションオブジェクトを削除しました
アプリケーションが大きすぎます。[ファイル] > [複製] > [レプリカの作成] を使って容量の大きいファイルを再作成してください。
DDE サーバーがファイル名の承認処理を開始しない
Designer のエラーメッセージ
文書をデータベースアプリケーション名のごみ箱フォルダから削除しますか?
新しい文書を保存しますか?
変更を保存しますか?
この新しいメッセージを保存しますか?
文書が削除されました
エンコードされたデータのチェックサムが一致しません。添付ファイルは破損しています
エントリが索引に見つかりません
ユーザー辞書ファイルのアクセスエラー
一時ファイルの作成エラー
文字セット変換ファイルを開くときのエラー
辞書ファイルを開くときのエラー
設定データの読み込みエラー
ファイルは作成されません
ファイルが存在しません
ファイル名はデータディレクトリからの相対パスで指定してください
ファイルオブジェクトは切り捨てられました。ファイルは破損しているかもしれません
全文索引エラー: 記録を確認してください
グループは <数字> レベルより上の階層にすることはできません
ヘルプデータベースを設定できません
ヘルプ文書が設定できません
ヘルプビューを設定できません
ID ファイルが作成できません
ユーザー名を変更するとすべての認証が失われます。続行しますか?
認証者 ID ファイルの不正使用です
演算子の使用 (単一) が不適切です
演算子または関数のデータの種類が不適切です
メモリが足りません。インデックスプールがいっぱいです
メモリが足りません。NSF プールがいっぱいです
ネットワークまたはアダプタのリソースが足りません。ネットワークのマニュアルで最大セッション数を増やす方法を調べて実行してください
ネットワークまたはアダプタのリソースが足りません。ネットワークのマニュアルでリソースを増やす方法を調べて実行してください
内部ネットワークソフトウェアの問題です。(またはハードウェアの誤動作です)
ファイル名 <ファイル名> に無効な文字があります
エンコードされたデータが無効です。添付ファイルは破損しています
無効または存在しない文書
このプラットフォームでは指定したオブジェクトへのリンクはサポートしていません
メールは送信されましたが、メールファイルのサーバーが応答しないためコピーは保存されていません
Notes® がサポートできるメモリ分割の最大数が限度を超えています
NETBIOS がロードされていないか、実行されていません
ネットワークアダプタがインストールされていないか、機能していません
ネットワーク名がそのシステムで既に使われています
ネットワークの処理が適当な時間内に完了しませんでした。リトライしてください
アドレス帳データベースが見つかりません
指定方向には文書がありません
文書が選択されていません。返答する文書を選択してください
データベースに [データベースについて] 文書がありません
データベースに [データベースの使い方] 文書がありません
送信メールの宛先が見つかりません
システムレジストリに登録した OLE オブジェクトがありません
選択されたプリンタがありません
選択したサーバーにレプリカがありません
文書に SendTo フィールドがありません。[アクション] メニューの [転送] を使用してください
オブジェクトが応答しません
オブジェクトが使えないためオブジェクトの要求を完了することができません
オブジェクトサーバーは新規オブジェクトの作成に失敗しました
OLE オブジェクト用の記憶領域を作成できません
:= には ENVIRONMENT、DEFAULT、FIELD のみが変更子として使用できます
指定した種類のフィールドへ貼り付けられるのはテキストのみです
Notes® でさらにウィンドウを開くと、マシンの動作が遅くなります
データベース <データベース名> をサーバー <サーバー名> から削除します。よろしいですか?
データベース <ローカルデータベース名> を削除しますか? 警告: [はい] を選ぶと、データベースとすべての文書が削除されます
本文フィールド中の挿入したい場所にカーソルを置いてください
検索条件が理解できません
リモートパス名はデータディレクトリからの相対パス名である必要があります
リモートシステムが応答しません
リモートシステムが応答しません
選択したアイテムを削除しますか?
データベースを削除すると <数字> の個人ビューが削除されます。削除しますか?
データベースの設計を指定したテンプレートのビュー、フォーム、エージェント、フィールドと置き換えます。実行しますか?
指定したデータベースの複製は禁止されています
選択フォントには決まった書体、サイズ、スタイル、色がありません
サーバーエラー: メモリ不足
サーバーエラー: 認証の署名が無効です。詳細はログファイルを参照してください。
この設定は次にプログラムを起動したときに有効になります
文書を開くためのアプリケーションが見つかりません
全文索引を作成、削除、更新するには設計者のアクセス権が必要です
アクセス制御リストはいっぱいです。新規ユーザーを追加するならリスト上のグループの中へ既存ユーザーを移動してください。
認証の対象者が違うので ID ファイルにマージできません。認証は次のユーザーに対して発行されています: <ユーザー名>。
このデータベースはディスク構造が無効なため読み込むことができません
文書リンクのデータベースの場所を特定できません
実行可能プログラムのライブラリがみつかりません
ビューで最初に分類した列が [カテゴリ] フィールドでソートしていません。[表示] メニューからカテゴリのあるビューを選択してください。
ID ファイルは安全コピーのため、その目的で使用できません
ID ファイルはほかのプロセスにロックされています。後でもう一度実行してください。
リンク文書がビューに見つかりません
データベースはビュー、フォーム、マクロ、共有フィールドの表示の最大ファイルサイズの限度を超えています。どれかを削除してください: <データベース名>。
Domino サーバーは TCP/IP ホストとして登録されていません
NOTES.INI が見つかりません
オブジェクトアプリケーションは指定した形式をサポートしません
リモートサーバーは TCP/IP ホストとして登録されていません
リモートの TCP/IP ホストが Domino サーバー を実行していないか、Domino サーバーがビジー状態です
接続しているサーバーはパススルーをサポートしていないので、指定されたターゲットのサーバーに配信できません
ID ファイルが破損しているか、ID ファイルではありません
データベースでアーカイブの設定が有効になっていません
ワークスペースにライブラリがありません
このデータベースはディスク構造が無効なため読み込むことができません
格納フォームが含まれている文書をオリジナル書式内に表示できません
文書にはフォームが格納されています。このフォームで文書を開くと予期しない問題が発生する可能性があります
文書は外部のオブジェクトとリンクしています。いますぐ更新しますか?
この文書は読み込み専用です。読み込み専用の文書には OLE オブジェクトの変更を保存できません。OLE オブジェクトを開きますか?
ディレクトリに名前がありません
この操作を実行すると元に戻せなくなります。このまま処理を続けてもよろしいですか?
指定した操作をすると選択したワークスペースページが削除されます。操作を続行しますか?
要求は現在の ID ファイルではサポートしていません。階層名が入った ID ファイルが必要です。
アイコンが破損しています。アイコンを削除して追加してください
図形を作成するには、クリップボードに図形をコピーしてください
サーバーへのパスが見つかりません
どのポートにもサーバーが見つからない
日付/時刻が解釈できません
ワークスペースファイルを読み込めません。ファイルが損傷しているか、古いか、別のオペレーティングシステム用です。このファイルを削除して、新規デスクトップを作成しますか。
エラー <エラー> のためにアドレス帳が開けません (names.nsf)。エラー error。
数値の後に認識できない文字が見つかりました
ロケーションを作成できません。<NAMES.NSF> には要求のビューがありません。アドレス帳のテンプレート設計を更新して設計を更新したら、Notes を再起動するとデフォルトロケーションが作成されます。
指定したロケーションには LDAP サーバーが見つかりません
署名者と共通の認証がないため確認できません
データベースにアクセスする権限がありません
このサーバー <サーバー名> でデータベースを作成する権限がありません。
データベースを削除する権限がありません
操作を実行する権限がありません: <サーバー名> <ファイル名>
サーバーを使用する権限がありません
選択したテキストのみを変更できます。選択されているテキストがありません。
ファイルがありません
メールファイルが指定されていません。[ファイル] > [モバイル] > [Current®ロケーションの編集] でメールファイルを設定してください。
メールファイル/サーバーが指定されていません。[ファイル] > [モバイル] > [Current®ロケーションの編集] でメールファイル/サーバーを設定してください。
送信メールが処理待ちになっています。すぐに転送しますか?
最初に以下にメールファイルのデータベースファイル名を追加する必要があります。 Notes®
ローカルアドレス帳のリストの変更は Notes を再起動するまで有効になりません
データベースの権限を変更しました。未読マークは新しい権限には反映しません
ID ファイルが破損しているか、ID ファイルではありません
ID ファイルにサーバーへアクセスする認証がありません
指定したデータベースへはアクセスできますが ID が違います
このデータベースの圧縮要求は、現在サーバーで実行中です
ファイル <ファイル名> は既に存在します。置き換えますか?
アドレス帳に <名前> が見つかりません。スキップするには [OK]、キャンセルするには [終了] を選択してください
特記事項