シークレットキーを使用して文書を暗号化する

文書に暗号化できるフィールドが含まれている場合は、ユーザー ID に保存されたシークレット暗号キーを使用して、パブリックデータベースに保存しておく文書を暗号化できます。

このタスクについて

暗号化の対象として有効になっている文書を作成または編集する場合、文書を暗号化するのに使用されるシークレット暗号キー (複数も可) をフォーム定義に指定することもできますが、データを暗号化するのに使用するシークレット暗号キーを選ぶこともできます。同じシークレット暗号キーを持つユーザーのみが、暗号化されたデータを復号化できます。シークレット暗号キーを持たないユーザーが文書を開くと、暗号化されたデータは表示されません。

暗号化可能なフィールドは、赤のカッコで囲まれています。暗号化できるのは、この赤のカッコで囲まれたデータのみです。それ以外のデータは、文書にアクセスするすべてのユーザーが表示できます。

注: メール文書は暗号化が可能ですが、この機構ではできません。メール文書は、暗号化される場合、必ず、受信者のパブリックキーで暗号化されます。

文書のフィールドを暗号化するには、次の作業が必要です。

手順

  1. シークレット暗号キーを作成する。
  2. シークレット暗号キーを文書に添付する。
  3. 暗号化したフィールドを読む必要があるユーザーにシークレット暗号キーをメールで送信する。

タスクの結果

注: HCL Notes® メールのユーザーでない場合は、シークレット暗号キーを書き出す必要があります。これにより、キーを必要とするユーザーがユーザー ID にキーを読み込むことができます。

シークレット暗号キーを作成するには

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [Notes データ] > [文書] をクリックします。
  3. [シークレットキーの作成] ボタンをクリックします。
  4. [シークレット暗号キーの作成] ダイアログボックスの [シークレットキー名] フィールドにシークレット暗号キーの名前を入力します。
  5. オプション: [シークレット暗号キーの作成] ダイアログボックスの [コメント] フィールドに、シークレット暗号キーに関する注釈や、シークレット暗号キーの用途を入力します。
  6. [OK] をクリックします。

タスクの結果

注: 暗号化の詳細については、『HCL Domino® Administrator ヘルプ』がインストールされている場合は、「暗号化のレベル」を参照してください。または、Web 上の Documentation で「Domino Administrator ヘルプ」をダウンロードするか参照してください。

文書のシークレット暗号キーを指定するには

手順

  1. 暗号化する文書を開きます。
  2. [ファイル] > [文書のプロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. 作成したシークレット暗号キーを 1 つ以上選択します。文書を、シークレット暗号キーを持っていないユーザーでも読めるようにする場合は、該当するユーザーを [暗号キー] の [パブリック暗号キー] にリストします。
  5. 文書を保存します。

シークレット暗号キーをメールで送信するには

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [Notes データ] > [文書] をクリックします。
  3. [シークレットキー名] で、送信するシークレット暗号キーを選択します。
  4. [シークレットキーの送信] をクリックします。
  5. [宛先] フィールドにシークレットキーの送信先のユーザー名を入力します(連絡先から選択するには [宛先] をクリックします)。
  6. CC フィールドには、シークレットキーが送信されたことは知る必要があり、シークレットキーの取得は必要がないユーザーの名前を入力します。
  7. [送信] をクリックします。
  8. シークレット暗号キーをキーの受信者がメールで別のユーザーに転送できるようにするには、メッセージが表示されたときに [すべての受信者にメールや書き出しでキーを転送することを許可する] を選択します。[キャンセル] をクリックするとキーの送信が中止します。