シークレット暗号キーを書き出すには

HCL Notes® メールを使用していないユーザーにシークレット暗号キーを渡すには、そのシークレット暗号キーをリムーバブルメディアか共有ファイルシステムに書き出して、そのユーザーがキーを読み込めるようにします。メールのセキュリティのためにインターネット証明書を使用し、受信メールの形式を MIME 形式に設定している Notes ユーザーに対してキーを送信する場合も、シークレット暗号キーを書き出す必要があります。

このタスクについて

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [Notes データ] > [文書] をクリックします。
  3. [シークレットキー名] で、書き出すシークレット暗号キーを選択します。
  4. [その他のアクション] > [シークレットキーの書き出し] をクリックします。
  5. オプション: シークレット暗号キーをパスワードで保護する場合は、[パスワード] フィールドにパスワードを入力し、[確認] フィールドでパスワードを確認します。シークレット暗号キーをパスワードで保護しない場合は、[パスワードなし] ボタンをクリックします
  6. オプション: シークレット暗号キーを 1 人のユーザーのみが使用できるように制限する場合は、[使用の制限] ボタンをクリックし、キーの使用を許可するユーザーの階層名を入力します。そのユーザーにキーを転送を許可する場合は、[他の人にメールやエクスポートでキーを転送することを許可する] を選択します。
  7. シークレット暗号キーを書き出すディレクトリとファイルを指定し、[保存] をクリックします。

タスクの結果