Notes 共有ログインを利用して、パスワードを求めるプロンプトが出ないようにする

Notes® 共有ログイン機能 (以下、共有ログイン) を使用すると、Notes のパスワードを入力しなくても、HCL Notes を起動し、自分のユーザー ID を使用できます。Windows® のパスワードで Microsoft® Windows にログインすればよいだけです。ユーザーの共有ログインの使用状態は、管理者が制御します。

このタスクについて

次のいずれかの条件に合致する場合、共有ログインを使用することはできません。

  • 次以外の環境でコンピュータを使用している場合: Microsoft Windows
  • 次のログインに Smartcard を使用している場合: Notes
  • ユーザー ID が複数のパスワードで保護されている場合
  • ローミング ID を使用するローミングユーザーの場合
  • Notes を USB ドライブ上で実行している場合
  • 強制 Windows プロフィールを使用している場合
  • Citrix 環境で Notes を実行している場合

タスクの結果

共有ログイン使用時の留意事項

このタスクについて

共有ログインの使用には、次の特性を認識しておく必要があります。

  • 共有ログイン機能を使用するには、共有ログイン機能を有効にする際に使用したユーザーとして、Windows 環境のコンピュータにログインする必要があります。それ以外の場合、Notes を開始することはできません。
  • ユーザー ID をコピーするには、その ID に Notes のパスワードを追加するための特別な手順を使用する必要があります。
  • [ユーザーセキュリティ] ウィンドウを開くとき、またはユーザー ID をロックした後にロックを解除するときに、Windows のパスワードを求めるプロンプトが表示されます。
  • Windows のパスワードは、使用しているコンピュータ上でならユーザーまたは管理者がいつでも変更することができます。
  • Notes パスワードが存在しないため、インターネットパスワードと Notes パスワードを同期させることができません。
  • ローミングユーザーがこの機能を使用できるのは、共有ログイン機能を有効にしている Windows 環境のマシンに自分の ID を残している場合です。
  • Windows のローミングプロフィールを使用している場合、一度に 1 台のコンピュータから Active Directory メインコントローラにログインしてください。複数のコンピュータからログインすると、Notes が ID ファイルを復号できない恐れがあるからです。
  • Notes ベースのアプリケーションへのログインには、Notes のパスワードを提供する必要はありません。

Notes ID が共有ログインで有効な場合、ログインに失敗すると、ダイアログボックスが表示されます。

ログインの失敗には、次のような原因が考えられます (ログイン失敗の発生率は高くありません)。

  • 現在の Notes の ID に対し共有ログインを有効にしているユーザーとしてではなく、別の Windows ユーザーでログインしようとした場合。
  • 別のコンピュータで共有ログインを有効にし、[ID のコピー] 機能を使用せずにオペレーティングシステムから Notes ID をそのコンピュータにコピーした場合。
  • Notes ID 自体が損傷している場合。

タスクの結果