メールファイル設計のアップグレード

管理者は、HCL Notes® クライアントをアップグレードすると自動的にメールファイルテンプレートがアップグレードされるように、アップグレードを管理できます。アップグレード後に初めて Notes クライアントを起動すると、Notes は、連絡先のようなローカルアプリケーションテンプレートの設計のアップグレードを始めます。

管理者がメールテンプレートを自動的にアップグレードしないように選択した場合は、新しいリリースにアップグレードした後に初めて Notes にログインすると、[メールファイルの設計のアップグレード] ダイアログボックスが表示されます。

メールテンプレートをアップグレードしても、既存のメールメッセージ、個人フォルダやカテゴリ、文書リンク、その他の標準の Notes 機能は削除されません。ただし、個人エージェント、カスタムフォーム、カスタムビューはすべて削除されます。アップグレードによってメールファイル内のカスタムフォームやカスタムビューが変更されないようにするには、設計変更を反映しないように設定します。この設定による保護をしない場合、カスタマイズをまったくしなかったか、カスタマイズ内容を維持しなくてもよい場合にのみアップグレードを行ってください。アップグレードしなかった場合は、アップグレードしたユーザーから受け取ったメールメッセージやメールビューで Notes の新機能を表示できない可能性があります。

できること

アップグレードするよう求めるプロンプトが表示された場合、次のいずれかを実行します。

  • メールテンプレートをアップグレードするために、[アップグレード] をクリックする。
  • カスタム機能を維持したまま最新のメールアプリケーション設計を使用するために、[今後、このメッセージを表示しない] を選択して、[キャンセル] をクリックする。
  • メールテンプレートを後でアップグレードするために、[キャンセル] をクリックする。次に Notes にログインするときに、[メールファイルの設計のアップグレード] ダイアログボックスが表示されます。