ロケーション (インターネットアドレスへのメールの送信形式) の編集

HCL Notes® のインターネット形式のメールでは、セキュアな MIME (S/MIME) プロトコルを使用して、暗号化された署名付きメールが送受信されます。インターネット上のユーザーへのセキュアなメールの送信を実現するときには、インターネット形式の Notes メールを使用しなければなりません。また、Notes ユーザー以外へのセキュアなメールの送信を実現するときには、必要に応じてこの形式を選択します。

送信メールに MIME 形式を使用すべきロケーションを選択するには、[ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) を選択します。次に [メール]、[インターネット形式メールオプション] ボタンを順にクリックし、[送信メールの MIME 形式] の [ロケーション] ボタンをクリックします。

ロケーション名の左側の対応する列で、リッチテキスト形式か MIME 形式を選択します。1 つのロケーションで選択できる形式は 1 つのみです。インターネット上のユーザーに頻繁にメールを送信する場合は、MIME 形式を使用するようお勧めします。ただし、ほかの Notes ユーザーのみにメールを送信する場合は、デフォルトのリッチテキスト形式を使用するようお勧めします。

表示されている各ロケーションで MIME 形式を有効にするには、[すべてのロケーションで MIME を選択] ボタンをクリックします。リッチテキストをサポートしている各ロケーションでリッチテキスト形式を有効にするには、[リッチテキストをサポートするすべてのロケーションでリッチテキストを選択] ボタンをクリックします。

注: インターネットで直接メールを送信するようにロケーション文書が設定されている場合は、MIME 形式の使用を解除できません。MIME 形式の使用を指定するオプションは、オンの状態で淡色表示されており、オフにはできません。インターネットで直接メールを送信しないようにするには、現在のロケーション文書を編集モードで開き、[メール] をクリックして、[インターネットメールの送信] フィールドを [Domino® サーバー経由] に変更します。