インターネットメールのロケーションを手動で設定する方法

インターネットメールアカウントを手動で作成する場合は、インターネットメール用にロケーションを設定する必要があります。

ロケーションを設定するには

手順

  1. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • 1 つのメールファイルを HCL Domino® メールとインターネットメールの両方で使用するには、[ファイル] > [ロケーション] > [ロケーションの管理] をクリックし、[オンライン] をクリックして、[編集] をクリックします。
    • インターネットメールを使用するロケーションを作成して個別のメールファイルを使用するには、[ファイル][ロケーション][ロケーションの管理] をクリックして [新規] をクリックします。
      注: [ファイル] > [プリファレンス]、そして [ロケーション] をクリックしても、ロケーションを表示することができます。
  2. インターネットロケーションを編集する場合は、[ロケーションタイプ] フィールドのリストでロケーションの種類をクリックします。
    • 電話回線用のモデムを使用する場合は、[ネットワークダイヤルアップ] をクリックします。
    • ネットワーク (オフィスなどの場合)、ケーブルモデム、DSL 回線を使用する場合は、[ローカルエリアネットワーク] を選択します。
      注: [Notes ダイレクトダイヤルアップ] は使用しないでください。
  3. [インターネットメールアドレス] フィールドで、次のいずれかの操作を行います。
    • 1 つのロケーションのみを使用している場合は、企業で使用されているインターネット形式の Notes® メールアドレス (例えば、jsmith@acme.com) を入力します。
    • 個人メール用に別のインターネットロケーションを作成する場合は、ISP によって割り当てられたインターネットメールアドレスを入力します (「myfunname@myisp.com」など)。
  4. [メール] タブをクリックします。
  5. [インターネットに直接接続する場合の Notes アドレス用のインターネットドメイン] に Domino ホームサーバーのドメインを入力します。例えば、Domino サーバー MailServer/Acme のアドレスが mailserver.acme.com である場合、インターネットドメインは acme.com です。
    注: HCL Notes を Domino サーバーを使用せずにインターネットメールだけで使用する場合、このフィールドはそのままにしておきます。
  6. 次のいずれかを実行して、POP メールまたは IMAP オフラインメールを収集する場所を指定します。
    • このロケーションを Domino メールとインターネットメールの両方で使用する場合は、[メールファイル] フィールドに Notes メールファイルの名前を入力します (「mail\jsmith.nsf」など)。
    • このロケーションをインターネット (POP または IMAP オフライン) メール専用のロケーションとして使用する場合は、POP または IMAP アプリケーションのファイル名を入力します。
    • このロケーションを IMAP オンラインメール専用のロケーションとして使用する場合は、IMAP プロキシアプリケーションのファイル名を入力します。
  7. 以下のいずれかの手順を実行します。
    • オフラインで作業を行い、複製を使用してこのロケーションでメールを送受信するには、[メールファイルのロケーション][ローカル] に設定します。[複製] タブをクリックすると、複製のスケジュールを設定することができます。
    • IMAP オンラインメールの場合など、インターネットメールサーバーで直接作業を行うには、[メールファイルのロケーション][サーバー上] に設定します。
  8. [メールの送信] フィールドを [インターネットに直接] に設定します。
    注: このオプションを選択すると、Domino サーバーが送信されたインターネットメールを処理できるように設定されている場合でも (実際にどのように設定されているかは、管理者に確認してください)、個人のインターネットメールが企業のサーバーを経由して送信されません。
  9. [OK] をクリックします。

タスクの結果

注: レプリケータページを使用して、POP メールと IMAP オフラインメールの受信、SMTP メールの送信、IMAP とニュースグループプロキシアプリケーションの複製を実行することができます。
表 1. インターネットメールの設定例

目的

ステップ

すべてのメール (Domino メールとインターネットメール) を単一のメールファイルに格納し、すべてのメールを 1 つの ID を使って送信します。

既存の最も一般的に使用されるロケーション (例えばオンラインロケーション) を編集し、1 つ以上のロケーションを設定するための手順を実行します。

手順 3 で、Domino メールの名前に基づいてインターネットメールアドレスを入力するか、すべての送信済みメールを名前の下に表示する場合には、ISP によって割り当てられたインターネットメールアドレスを入力します。

手順 6 で、単一のメールファイルを指定します。

手順 8 で、Domino サーバーを経由して送信インターネットメールを送信します (Domino サーバーで許可されている場合。詳しくは管理者にお問い合わせください)。

インターネットメールと Domino メールを別々に格納します (例えば、インターネットメールは個人用、Domino メールは組織用)。インターネットで 2 つの ID を使用します。

インターネットメールに使用するロケーションを作成し、1 つ以上のロケーションを設定するための手順を実行します。

手順 3 で、ISP によって割り当てられたインターネットメールアドレスを入力します。

手順 6 で、Domino メール以外の既存のローカルメールアプリケーションのタイトルを入力します。このアプリケーションがインターネットメールを収集します。

手順 8 で、SMTP サーバーを経由して送信インターネットメールを送信します。SMTP サーバーを使用するには、アカウントを持っている必要があります。