接続文書を作成、編集する

Notes® の設定時に、ホームサーバー用の接続文書が作成されます。接続文書は連絡先アプリケーションに格納され、この文書には、サーバーの完全な Domino® 名、インターネットアドレスなど、Notes がサーバーにアクセスするために必要な情報が保存されます。サーバーにさまざまな方法でアクセスする場合は (例えば、職場では LAN を使用し、家庭からはケーブルモデムを使用してアクセスする場合)、1 つのサーバーに複数の接続文書を作成します。

このタスクについて

注: Notes ダイレクトダイヤルアップ接続タイプは使用しないでください。RAS のホーム (Notes ダイレクトダイヤルアップ) を使用している場合は、それを編集し、接続タイプをネットワークダイヤルアップに変更してください。X.PC モデムプロトコルはサポートされません。
ヒント: サーバーへのリンクが指定されている文書やメッセージを受け取っても Notes がサーバーの場所が見つけられない場合は、リンクを右クリックして [リンクのプロパティ] をクリックすると、リンクについての情報がすべて表示されます。この情報に基づいて、そのサーバーへの接続文書を作成する方法を Domino 管理者にお問い合わせください。その後もう一度、リンク先のサーバーに接続できるかどうか試してみます。

特定の種類のロケーション文書に対しては、サーバーに接続するための接続文書を作成する必要があります。[ツール] > [クライアント再設定ウィザード] ボタンをクリックすると、接続の種類に応じた接続文書を作成できます。また、既存のロケーション文書を開き、接続設定ウィザードを使用して、Notes でそのロケーションに適したサーバーへの接続を自動的に設定することもできます。例えば、ネットワークダイヤルアップロケーションタイプの場合、接続文書に必要なサーバー情報を入力できます。

ヒント: 接続文書を作成するサーバーの IP アドレスがわかっている場合は、[ファイル] > [アプリケーション] > [開く] (Notes Basic 版クライアントユーザーの場合: [ファイル] > [開く] > [Notes アプリケーション]) を選択し、[サーバー] フィールドに IP アドレスを入力して、[開く] をクリックします。この操作によって Notes によってサーバーが開き、連絡先アプリケーション内にそのサーバーの接続文書が自動的に作成されます。

ウィザードの使用時に指定した接続方法に応じて、Notes によって異なる接続文書が作成されます。

表 1. 接続タイプとメソッド

Notes が使用する接続文書

接続方法

LAN (オンライン)

LAN、ケーブル (ブロードバンド、光ファイバー) アクセス、DSL

ネットワークダイヤルアップ

オペレーティングシステムのリモートアクセスサービスソフトウェアを使用して次のいずれかをコールするダイヤルアップモデム。

  • 企業の LAN に接続する企業内のネットワークサーバー
  • インターネットサービスプロバイダ (ISP)

接続文書を手動で編集するには

手順

  1. 連絡先を開いて、[表示] > [詳細][接続] をクリックします。
  2. 編集する接続文書を選択し、[接続の編集] ボタンをクリックします。
  3. オプション: ネットワークダイヤルアップ接続の電話番号またはパスワード情報を編集するには、[ネットワークダイヤルアップ] タブをクリックして [設定の編集] をクリックします。LAN 接続では、[ダイヤルアップ] タブは表示されません。
  4. 設定を変更し、[保存して閉じる] をクリックします。