パススルーサーバー

パススルーサーバーとは、直接接続が不可能な他の Domino® サーバーの代わりに接続する HCL Domino サーバーのことです。

パススルーサーバーでは、次の処理が実行されます。

  • 企業のファイアウォール内部のサーバーに接続する (ケーブルまたは DSL を使用して企業の外から Notes® にアクセスする場合)。
  • 例えば、あるコンピュータで TCP/IP プロトコルが使用されている場合、そのコンピュータから NETBIOS などの別のプロトコルが使用されている LAN 上のサーバーにアクセスする (パススルーサーバーで、TCP/IP と NETBIOS の両方のプロトコルが使用されている場合)。
  • 目的のサーバーに到達するまでに、必要に応じて他のパススルーサーバーに接続 (中継) する。
  • 1 回のコールで複数のサーバーに接続する (電話回線、ネットワークダイヤルアップ接続、ご使用のオペレーティングシステムのリモートアクセスソフトウェアを使用して、企業の外から Notes にアクセスする場合)。
注: ハントグループ接続タイプは使用しないでください。X.PC モデムプロトコルはサポートされません。

パススルーサーバーを企業で使用しているかどうか、およびそれらのサーバーを使用するために必要な接続文書の詳細については、Domino 管理者にお問い合わせください。

ヒント: 企業で確実に 1 台はパススルーサーバーを使用しているという場合には、現在のロケーション文書でそのサーバーをデフォルトサーバーとして指定します。また、管理者の指示に従って追加のパススルーサーバーを設定し、接続文書を作成してください。

パススルーサーバーを使用した複製については、「選択したサーバーとの間で複製するには」と「コールエントリを作成するには」を参照してください。