接続文書を手動で編集するための詳細オプションの概要

接続文書で [詳細] タブをクリックすると、サーバー接続に関する追加オプションを指定できます。

表 1. サーバー接続に関する詳細オプション

フィールド

入力する情報

指定ロケーション

サーバー接続文書を使用するロケーション。すべてのロケーションを表すには * (ワイルドカード) を使用します。

指定ユーザー

複数のユーザーが連絡先を使用する場合のユーザー名。個々の名前をセミコロンで区切って指定します。任意のユーザーを表すには * (ワイルドカード) を使用します。

注: ローカルの連絡先ファイルを共有するのではなく、マルチユーザーバージョンの Notes をインストールすることをお勧めします。

使用優先度

[普通] または [低] をクリックします。Notes はこの優先度を使用して、サーバー接続を試行する際のサーバー接続文書の使用順序を決定します。[低] が指定された文書と [普通] が指定された文書が同じサーバーにある場合、[普通] が指定された文書が先に使用されます。

受信側サーバーアドレス (ネットワーク接続の場合のみ)

サーバーのネットワークアドレス

ログインスクリプトファイル名 (ダイヤルアップ接続の場合のみ)

サーバー接続で必要なスクリプトファイルの名前。スクリプトファイルを使用してサーバーに接続する方法については、Domino® 管理者にお問い合わせください。

ログインスクリプト引数 (ダイヤルアップ接続の場合のみ)

指定したスクリプトファイルに渡す、最大で 4 個の引数

指定ドメインのサーバー (ダイヤルアップ接続の場合のみ)

サーバー接続を制限するドメインの名前