手動でロケーション文書を作成または編集する

ロケーションは、サーバー上のアプリケーションにユーザーを接続する機能です。メールサーバーの名前、パススルーサーバーを使用するかどうか、どの Notes® ID を使用するかなどの情報を指定するための場所を提供することにより、サーバー上のアプリケーションへの接続を可能にします。

ヒント: 最も簡単にロケーションを設定する方法は、メインメニューから [ツール] > [クライアント再設定ウィザード] をクリックして、HCL Notes からの質問に答える方法です。この方法を使用すると、ロケーション文書の作成や編集が Notes によって自動的に実行されます。また、設定する接続方法の種類に応じて、必要なサーバー接続文書やサーバーアカウント文書も自動的に作成されます。

Notes のインストール時に、次の 4 つのロケーション文書が自動的に作成されます: ホーム、オフライン、オンライン、トラベル。Notes の設定時に、ユーザーから提供された情報に基づいて、これらのロケーション文書、必要な接続文書またはアカウント文書が作成されます。

ロケーションの作成や編集を手動で行う必要がある場合は、[ファイル] > [プリファレンス] をクリックして、[ロケーション] (Notes Basic 版クライアントユーザーの場合: [ファイル] > [ロケーション] > [ロケーションの管理]) をクリックします。

追加のヘルプ

ロケーション文書のフィールドを入力する際にポップアップヘルプを表示するには、フィールド名をクリックしたままにします。

さらにヘルプ情報が必要な場合は、次の項目を参照してください。

  • LAN (オフィスなどで)、ケーブルモデム、DSL 電話回線を使用するには、「LAN 上の Notes メールサーバーのロケーションを手動で設定する」を参照してください。
  • 電話回線を使用してダイヤルアップモデム経由で Domino® サーバーに接続し、ネットワークサーバーを使用して LAN にもアクセスできるようにするには、「ネットワークダイレクトダイヤルアップのロケーション文書を手動で作成するには」を参照してください。
ヒント: インターネットで 2 つの ID を使用する場合は、2 つのロケーションを別の名前で作成して、それぞれで異なるメールアドレスを使用します。

確認すべき情報

ロケーション文書のフィールドを入力する前に、次の情報を Domino 管理者に確認する必要があります。

  • HCL Domino ホーム (メール) サーバーの名前 (例: MailEast/Acme)。これは、Domino ホームサーバーの階層名です。
  • ネットワークサーバーを使用できるかどうか。使用できる場合は、サーバーの名前も確認します。
  • パススルーサーバーを使用するかどうか。使用する場合は、サーバーの名前も確認します。
  • Domino ディレクトリサーバーを使用するかどうか。使用する場合は、サーバーの名前も確認します。
  • 企業内の複数のアプリケーションの検索にドメイン検索サーバーを使用するかどうか。使用する場合は、サーバーの名前も確認します。
  • 企業でインターネットへの接続にプロキシサーバーを使用しているかどうか。使用している場合は、そのサーバーの設定も確認します。