LAN 上の Notes メールサーバーのロケーションを手動で設定する方法

LAN の接続中に Notes® を起動すると、HCL Notes によってオンライン (LAN) ロケーション文書が自動的に構成され、デフォルトロケーションとして設定されます。インターネットメールを指定している場合も同じように設定されます。通常はこの LAN ロケーション文書だけで十分ですが、必要に応じてその他のロケーション文書を作成することもできます。

このタスクについて

最も簡単に接続を設定する方法は、[ツール] > [クライアント再設定ウィザード] をクリックして Notes からの質問に答える方法です。この方法を使用すると、アドレス帳文書の作成や編集が Notes によって自動的に実行されます。ウィザードを使用する前に、オンラインなどの LAN ロケーションを使用していることを確認します。

LAN ロケーション文書を手動で作成するには

手順

  1. メニューから、[ファイル] > [ロケーション] > [ロケーションの管理] をクリックします。
  2. [オンライン] ロケーションをクリックして [編集] をクリックします。
  3. [基本] タブで、インターネットメールのアドレスを入力します。通常、このアドレスは、企業で使用されているインターネット形式の Notes メールアドレス (例えば、JSmith@acme.com) です。
  4. [サーバー] タブをクリックし、ホームサーバーまたはメールサーバーの名前を入力します (例: MailEast/Acme)。これは、Domino® ホームサーバーの階層名です。
  5. [サーバー] タブのほかのフィールドは、空白のままにしておきます。
  6. [ポート] タブで [TCP/IP] を選択します。
  7. [メール] タブで、[メールファイルのロケーション][サーバー上] に設定します。
  8. [メールファイル] フィールドに、サーバーのメールファイルのパス名を入力します。例: mail\jqpublic.nsf
  9. [インターネットに直接接続する場合の Notes アドレス用のインターネットドメイン] フィールドに、Domino ホームサーバーのインターネットドメイン名を入力します (メール用に Domino サーバーを使用する場合)。例えば、Domino サーバー MailServer/Acme のアドレスが mailserver.acme.com である場合、インターネットドメインは acme.com です。
  10. [メール] タブのほかのフィールドは、そのままにしておきます。
  11. [OK] をクリックします。
  12. ロケーションが [オンライン] に設定されていることを確認します。
  13. Notes を終了して再起動します。
  14. [開く] ボタンをクリックして [メール] をクリックするか、ブックマークバーにある [メール] アイコンをクリックして、メールを開きます。

ヒント

このタスクについて

  • クライアントのポートを使用可能にするには、[ファイル] > [プリファレンス] をクリックして、[Notes ポート] をクリックします (Notes Basic 版クライアントユーザーの場合: [ファイル] > [プリファレンス] > [ユーザー] をクリックして、[ポート] をクリックします)。
  • 現在のロケーション用のポートを選択するには、[ファイル] > [ロケーション] > [ロケーションの管理] をクリックし、現在のロケーションをクリックして [編集] をクリックします。