ロケーション文書、アカウント文書、接続文書を削除する方法

ロケーション文書、接続文書、アカウント文書を削除すると、HCL Notes® メール、インターネットメール、インターネットニュースグループへの接続に悪影響を与えたり、 Notes が必要なサーバーに接続できなくなったりすることがあります。別のロケーション文書、接続文書、アカウント文書を試用する場合は、既存の文書をコピーして貼り付けてから、名前を変えます。コピーした文書を試用し、後で削除しておけば、元の文書は何の影響を受けることもありません。

手順

  1. Notes Standard 版クライアントのユーザー:
    • ロケーション文書を削除するには、[ファイル] > [プリファレンス] をクリックし、次に [ロケーション] をクリックします。
    • アカウント文書を削除するには、[ファイル] > [プリファレンス] をクリックし、次に [アカウント] をクリックします。
    • 接続文書を削除するには、[開く] リストで [連絡先] をクリックし、[表示] > [詳細] > [接続] をクリックします。
  2. Notes Basic 版クライアントのユーザー:
    • ロケーション文書を削除するには、[ファイル] > [ロケーション] > [ロケーションの管理] をクリックします。
    • アカウント文書を削除するには、[開く] リストで [連絡先] をクリックし、[表示] > [詳細] > [アカウント] をクリックします。
    • 接続文書を削除するには、[開く] リストで [連絡先] をクリックし、[表示] > [詳細] > [接続] をクリックします。
  3. 削除する文書を選択して [削除] をクリックします。
    注: IMAP オンラインアカウントを削除すると、関連する IMAP プロキシアプリケーションも削除するかどうかを確認する画面が表示されます。また、NNTP ニュースグループアカウントを削除すると、関連するニュースグループデータベースも削除するかどうかを確認する画面が表示されます。空き領域を増やすには、[すべてはい] をクリックします。必要なアカウントがないと、アプリケーションは使用できません。
    注: 接続文書の場合、[表示] > [更新] をクリックして、削除された文書をビューから非表示にします。