電話回線を使用して Notes メールと Notes アプリケーションにアクセスする方法

電話回線を使用してダイヤルアップ (デジタル/アナログ) モデム経由で接続する場合、IBM® では、HCL Notes® メールを HCL Domino® サーバー上で使用するためには、[ネットワークダイヤルアップ] ロケーションタイプと、ご使用のオペレーティングシステムのリモートアクセスサービス (RAS) ソフトウェア (Microsoft™ ダイヤルアップネットワークなど) が必要です。

このタスクについて

注: Notes ダイレクトダイヤルアップ接続タイプは使用しないでください。RAS のホーム (Notes ダイレクトダイヤルアップ) を使用している場合は、それを編集し、接続タイプをネットワークダイヤルアップに変更してください。X.PC モデムプロトコルはサポートされません。

設定を進める前に、企業内にネットワークサーバーが使用されているかどうかを Domino 管理者にお問い合わせください。RAS を使用すると、ISP や企業内のイントラネットを経由してネットワークサーバーにアクセスできます。ネットワークダイヤルアップロケーションタイプの場合、1 台のネットワークサーバーにコールすることにより、企業内のすべての Notes アプリケーションにアクセスできます。

注: Notes では、RAS ソフトウェアを使用してネットワークサーバーをコールし、そこから組織内の Domino サーバーやインターネット上の Web サーバーに接続することができます。ネットワークサーバーには、ISP や企業内のイントラネットを経由してアクセスする場合もあります。

Notes では、ネットワークサーバーに関する情報は、ネットワークダイヤルアップタイプのホームロケーション文書や、ネットワークダイヤルアップサーバーの接続文書に保存されます。

手順

  1. 次の情報を収集します。
    • Domino のホームサーバー名 (mailbag.east.com/acme など)
    • ネットワークサーバーの、市外局番を含む電話番号と外線発信番号
  2. オプション: この接続方法を使用するロケーションに切り替えます。

    例えば、企業内でネットワークサーバーが使用されている場合は、ホーム (ネットワークダイヤルアップ) に切り替えます。

  3. [ツール] > [クライアント再設定ウィザード] をクリックします。
  4. [Domino サーバー] を選択し、ドロップダウンリストから [ネットワークダイヤルアップ] を選択します。
  5. [次へ] をクリックして質問に答えます。

タスクの結果

注: この設定を完了すると、プリファレンスの現在のロケーション文書には、ホームサーバーの名前、Notes メールファイルの名前とパス、およびその他の設定が追加されます。Notes メールファイルの名前とパスは、使用可能な Domino ディレクトリから取得されます。また、Notes では、Domino サーバーへのネットワークダイヤルアップ接続用文書も (連絡先に) 作成されます。