Notes でモデムを使用する場合に必要な設定

HCL Notes® では、ケーブルモデムまたは DSL モデムのいずれかを使用することができます。

このタスクについて

注: ダイヤルアップモデムサポートは使用できませんが、ご使用のオペレーティングシステムに適切なリモートアクセスソフトウェア (RAS) が備わっている場合には、このサポートを使用してネットワークサーバーまたは ISP にアクセスし、Notes メールを受け取ることができます。
  • ケーブルモデムは、ケーブルテレビに接続する場合 (ブロードバンド接続) に使用します。電話回線に接続する場合、この種のモデムは使用しません。
  • DSL モデムは、高速デジタルサブスクライバ電話回線に接続する場合に、追加のハードウェアともに使用します。
  • ダイヤルアップモデムは、一般の電話回線に接続する場合に使用するデジタル/アナログモデムです。

ケーブルモデムや DSL モデムを使用する場合は、Notes での設定は必要ありません。ケーブルモデムと DSL モデムのいずれを使用しても、Notes の [オンライン] ロケーションにアクセスすることができ、Notes 上は LAN 環境と同じ状態になります。ダイヤルアップモデムを設定する場合は、Notes ではなく、ご使用のオペレーティングシステムのリモートアクセスソフトウェアを使用します。