メールのセキュリティ

ユーザーセキュリティウィンドウを使用してメールセキュリティオプションにアクセスできます。

[ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックした後、[メール] をクリックします。

HCL Notes® では署名付きの暗号化されたメールを送受信できるので、Notes を通して他の Notes ユーザーやインターネットユーザーとデータを安全に共有できます。メールデータベースに保存されたメールも暗号化できます。メールの暗号化や署名の詳細については、「メールメッセージを暗号化し、デジタル署名を付ける」を参照してください。

暗号化されたメールを送信したり、署名付きのメールを受信したりするときに、暗号化や署名に関する警告が表示されないようにするには、「メールの暗号化のエラー」を参照してください。

インターネット形式のメールのオプションについては、「インターネット形式の Notes メールのオプション」を参照してください。

暗号化とデジタル署名の機能については、「Notes でメールの暗号化と署名にパブリックキーとプライベートキーを使用する方法」を参照してください。