メールの暗号化のエラー

送信メールメッセージを暗号化するときに、HCL Notes® でメッセージを暗号化するための受信者の認証が見つからない場合は、[メール暗号化の失敗] ダイアログボックスが表示されます。

Notes で送信者が送信メールを暗号化するには、受信者の認証にパブリックキーが含まれている必要があります。これにより、受信者以外のユーザーがメールを複号化できなくなります。Notes では、パブリックキーは、メール検索パスに指定されたパブリックディレクトリで検索されます。

送信メールを暗号化するために必要な受信者の認証は、次の方法で入手できます。

  • HCL Domino® ドメインに送信するメールについては、受信者に認証をメールで送信してもらうように依頼します。認証を入手後、暗号化したメールをその受信者に送ることができます。
  • オフラインで作業することがしばしばあり、メールを送信するときに Dominoo ディレクトリにアクセスできない場合には、受信者のユーザー文書を Domino ディレクトリで選択してから、アクションバーのアクションボタン [個人アドレス帳にコピー] を選択します。これにより、連絡先に、受信者の連絡先文書が認証付きで作成されます。Notes では、次にその受信者にメールを送信するときに、認証のパブリックキーを使用してメッセージが暗号化されます。この方法で認証を入手した場合、連絡先に Notes 認証とインターネット証明書の両方が追加されます。
  • インターネット上の受信者にメールを送信する場合は、その受信者からの署名付きメッセージを開き、[アクション] > [ツール] > [送信者を連絡先に追加] を選択します (署名付きメールメッセージには、送信者の認証が必ず添付されています)。これにより、メールメッセージに添付された認証が連絡先に保存されます。Notes では、次に同じ受信者にメールを送信する場合、その認証による暗号化が有効であれば、その認証のパブリックキーを使用してメッセージが暗号化されます。
  • [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックし、[その他の情報] をクリックして、[ディレクトリと個人アドレス帳の名前の調査] を選択します。次に、[インターネットメールまたは Notes 名] フィールドに受信者の名前を入力し、[名前の調査] ボタンをクリックして、アドレス帳から認証を見つけます。その後、認証を信頼できるようになり、すべての添付されている認証を含む、受信者の連絡先文書が連絡先に作成されます。

送信メールメッセージを暗号化なしにするには、[ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ](Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックし、[メール] をクリックして、[Notes メールすべてに適用されるセキュリティオプション] の [送信メールを暗号化] の選択を解除します。

メールの暗号化と署名の警告を無効にする

メールメッセージの暗号化と署名が失敗しても構わない場合には、メールメッセージを暗号化できなかったり、署名を確認できなかったりしたときに、警告が表示されないように Notes を設定できます。

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックし、[メール] をクリックして、[暗号化と署名の警告] ボタンをクリックします。
  2. [メールの暗号化が失敗したときや受信メールの署名が確認できないときに警告しない] を選択して、暗号化と署名に関するすべてのセキュリティ警告を無効にします。
  3. [他のユーザーの証明書の信頼性のチェックや認証の問題について警告を行わない] を選択し、インターネット形式 (S/MIME) の Notes メールに対して、暗号化と署名に関するセキュリティ警告を無効にします。