インターネット形式 (S/MIME) のメールの暗号化用証明書の設定

HCL Notes® のユーザー以外とのメールや、インターネット形式 (S/MIME) メールを受信するように設定している場合は Notes ユーザーからのメールに使用される、暗号化証明書に関する詳細を表示できます。

[ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックし、[メール][インターネット形式メールオプション][証明書設定] の順にクリックして、[暗号化証明書の設定] をクリックします。

HCL Domino® ディレクトリに暗号化用証明書がある場合は、[暗号化証明書の詳細] をクリックすると、証明書の詳細を表示できます。

Domino ディレクトリに暗号化用証明書が表示されていても、使用するものと異なる場合は、ユーザー文書にアクセスして編集する権限があれば、Domino ディレクトリ内で希望の証明書に変更できます。編集モードでユーザー文書を開き、[インターネット証明書の調査] をクリックして、使用する証明書をクリックし、[暗号の既定値として設定] をクリックします。

Domino ディレクトリに暗号化用証明書が表示されていない場合は、[暗号化証明書の詳細] が淡色表示され、インターネット形式 (S/MIME) の暗号化されたメールを Notes ユーザーから受信できないという警告が表示されます。ただし、その場合も、MIME 形式の受信メールのみ受け付けるように設定していない限り、Domino ディレクトリへのアクセス権があるほかの Notes ユーザーから暗号化された Notes メールを受信できます。証明書の詳細の詳細については、「認証の詳細」を参照してください。メールの形式の設定については、「受信メール」を参照してください。

インターネットメールアドレスと証明書のメールアドレスを比較して確認する必要があります。[Domino ディレクトリに含まれるインターネットメール名] フィールドに示されているインターネットメールアドレスは、暗号化用証明書に示されているメールアドレスと一致していなくてはなりません。

暗号化用証明書に関する警告が表示され、管理者の支援が必要になった場合は、[管理者にメール] ボタンをクリックして、管理者にメールメッセージを送信します。