メールメッセージを暗号化し、デジタル署名を付ける

ほかの Notes® ユーザーやインターネット上のユーザーに送るメールメッセージに対してデジタル署名を付けて暗号化するように HCL Notes を設定できます。

このタスクについて

デジタル署名は、コンピュータにより生成される署名で、手書きの署名と同様のものですが、手書きの署名よりも偽造されにくくなっています。Notes では、デジタル署名はプライベートキーを使用して作成され、パブリックキーを使用して確認されます。

メールメッセージを送信すると、受信者のステータスバーに文書の署名または暗号化、またはその両方が行われているかどうかを示す次のような内容が表示されます。

  • デジタル署名付きのメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにペン付きの文書のアイコンが表示されます。また、ユーザーの階層名が受信者のステータスバーに表示されるので、メールがそのユーザーのユーザー ID を使用して送信されたことがわかります。
  • 暗号化されたメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにパッドロック付きの文書のアイコンが表示されます。
  • 暗号化されていてデジタル署名付きのメールメッセージを送信した場合、受信者のステータスバーのインジケータにペンとパッドロック付きの文書のアイコンが表示されます。また、送信者の階層名が受信者のステータスバーに表示されます。
  • 暗号化も署名もせずにメールメッセージを送信した場合には、受信者のステータスバーのインジケータが淡色表示になります。

インターネットで送信するメールの暗号化または署名には、インターネット証明書が必要です。

オフラインで受信メールボックスを使用している場合、企業でモバイルディレクトリカタログが提供されていれば、送信するメールを暗号化できます。

注: 署名は、名前以外にも、メールメッセージの本文に図形や部署の情報が表示されるようにすることもできます。この種の署名はデジタル署名とは異なります。署名の詳細については、「メールに署名を追加する」を参照してください。

送信メールメッセージに署名するには

手順

  1. 新しいメッセージの上にある [送信オプション] をクリックします。
  2. [署名] を選択します。
  3. オプション: 送信するすべてのメッセージに署名するには、[セキュリティオプションをデフォルトにする] を選択します。
  4. [OK] をクリックします。

送信メールメッセージを暗号化するには

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [メール] をクリックします。
  3. [Notes メールすべてに適用されるセキュリティオプション] の [送信メールを暗号化] を選択します。

保存されたメールメッセージを暗号化するには

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [メール] をクリックします。
  3. [Notes メールすべてに適用されるセキュリティオプション] の [保存メールを暗号化] を選択します。

暗号化されていない受信メールを暗号化するには

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [メール] をクリックします。
  3. [すべての Notes メールのセキュリティオプション] の [暗号化されていないメールをメールファイルに格納する前に暗号化する] を選択します。
    注: Domino® ディレクトリのユーザー文書に対して [作成者] のアクセス権がない場合、このオプションは淡色表示されています。その場合は、管理者に連絡してアクセス権を変更してもらう必要があります。