期限が切れる前に Notes 認証を更新する

ユーザー ID には、IBM® Notes® 多目的認証と Notes インターナショナル認証が設定されています。認証は有効期限が決まっているため、その期限が切れる前に更新する必要があります。

このタスクについて

期限が切れる前に更新しないと、無効になります。Notes 多目的認証が有効期限前に更新されなかった場合、Notes は起動できますが、Notes サーバーにはログインできなくなります。そのような場合は、管理者に連絡してください。

認証は、有効期限を変更するだけで更新できます。パブリックキーとプライベートキーは、ずっと同じままです。プライベートキーは変更されないため、管理者により自動的に認証が更新される場合もあります。管理者により自動的に認証が更新されない場合は、認証の有効期限が終わりに近づくと、メッセージが表示されます。

Notes 認証の有効期限を確認するには、[ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) を選択します。次に [基本] をクリックし、[ユーザー情報] の [ID ファイルの有効期限] を参照します。インターネット証明書の有効期限を確認するには、[ユーザーセキュリティ] で [ユーザー情報] > [認証] をクリックし、表示する証明書または認証の種類をドロップダウンリストから選択します。次に、証明書または認証を選択して [有効期限] の日付を確認します。

注: Notes メールを使用していないユーザーが認証の更新を求められた場合は、管理者に送付できるように、リムーバブルメディアを使用して認証を更新する必要があります。

Notes 認証を更新するには

このタスクについて

認証を他のユーザーに送信する場合、実際には、自分のユーザー ID の安全コピーを送信します。ユーザー ID の安全コピーには、ユーザー ID を再認証するための情報が含まれていますが、悪用される可能性はありません。

認証を更新するときは、ユーザー ID のコピーも忘れずに更新してください。

手順

  1. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  2. [基本] をクリックしてから、[ユーザー情報] の [更新] ボタンをクリックします。
  3. [更新の確認] ダイアログボックスで、[続行] ボタンをクリックします。
  4. [宛先] フィールドに IBM Domino® 管理者の名前を入力します。フィールドに、更新サイトの名前を入力します。管理者名が有効であれば、ネットワークに接続したときに、管理者名が [宛先] フィールドに表示されます。[宛先] ボタンをクリックし、Domino ディレクトリか連絡先で名前を探します。
  5. [送信] をクリックします。
  6. 管理者が要求に応答すると、更新処理が完了します。更新済みの認証が管理者によって準備されると、メールで新しい認証が送付されるか (その場合はメールを開いて [アクション] > [認証の受け入れ] を選択)、または次回 Notes にログインしたときにユーザー ID の認証が新しい認証に自動的に更新されます。更新後の Notes 認証がユーザー ID にインストールされたことを確認したら、ユーザーID のコピーも忘れずに更新してください。

リムーバブルメディアやほかのメールプログラムを使用して Notes 認証を更新するには

このタスクについて

リムーバブルメディアやほかのメールプログラムを使用して Notes 認証を更新する場合は、ユーザー ID の安全コピーを作成して管理者に送信する必要があります。ユーザー ID の安全コピーには、ユーザー ID を再認証するための情報が含まれていますが、悪用される可能性はありません。

認証を更新するときは、ユーザー ID のコピーも忘れずに更新してください。

手順

  1. リムーバブルメディアを使用して管理者にユーザー ID を送るには、リムーバブルメディアをディスクドライブに挿入します。
  2. [ファイル] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ] (Macintosh OS X ユーザーの場合:[Notes] > [セキュリティ] > [ユーザーセキュリティ]) をクリックします。
  3. [基本] をクリックしてから、[ユーザー情報] の [更新] ボタンをクリックします。
  4. [更新の確認] ダイアログボックスで、[ID のエクスポート] ボタンをクリックします。
  5. [安全コピー ID ファイル名の入力] ダイアログボックスで、リムーバブルメディアディスクドライブ、またはほかのメールプログラムからアクセスできるディレクトリを選択します。
  6. [ファイル名] フィールド (Macintosh ユーザーの場合は、[別名で保存] フィールド) に、ユーザー ID の安全コピーのファイル名を入力します。デフォルトは、SAFE.ID です。
  7. [保存] をクリックしてから、[更新の確認] ダイアログボックスを閉じます。
  8. リムーバブルメディアディスクを Domino の管理者に送るか、メールに安全なユーザー ID を添付して、ほかのメールプログラムで送信します。
  9. 返送されたリムーバブルメディアディスクを受け取ったときには、ユーザー ID に更新された認証を読み込む必要があります。

タスクの結果