Contact Optimization セッション・レベルの拡張設定

Contact Optimization セッションで拡張設定を使用して、構成プロパティーに値をセッション・レベルで設定できます。これらの設定は、特定の Contact Optimization セッションに適用される点を除いて、構成プロパティーと同様に機能します。

Contact Optimization セッションには、集中的な処理が必要です。この処理を調整するために使用できるいくつかの構成プロパティーがあります。ただし、これらの構成設定はご使用の全 Contact Optimization インストール済み環境を対象としています。Contact Optimization セッションに含まれるキャンペーンや、最適化ルールによっては、ある Contact Optimization セッションにとって理想的な設定が、別の Contact Optimization セッションにとっては最適ではないことがあります。

例えば、「CustomerSampleSize」を、ある Contact Optimization セッションでは 1000 に、別の Contact Optimization セッションでは 1500 に設定できます。

拡張設定を適用するには、Contact Optimization セッション・プロパティーで「カスタム・セッション設定の使用」を選択します。「カスタム・セッション設定の使用」チェック・ボックスを選択してから、Contact Optimization セッションに値を定義できます。Contact Optimization セッションで「アルゴリズムの調整」、「デバッグ」、および「ログ」設定を定義している場合、すべてのセッション・プロパティーで構成プロパティーのインストール・レベルの設定がオーバーライドされます。

拡張設定を編集するには、Contact Optimization セッションの「拡張設定」セクション を展開して、「拡張設定の編集」をクリックします。また、Contact Optimization セッションの「サマリー」ページで「セッション・プロパティーの編集」をクリックすることもできます。

初めて Contact Optimization セッションに拡張設定を使用するとき、この拡張設定の値には、構成プロパティーから取り込まれたグローバル設定を使用してデータが設定されます。Contact Optimization セッションの拡張設定を無効化してから再度有効化すると、このセッションに前回保存された拡張設定を使用して値が設定されます。拡張設定は、グローバル設定には戻せません。