スコア行列を使用した手動によるスコアの入力

スコアを生成する予測モデルがない場合は、スコア行列に手動でスコアを入力することにより、各戦略的セグメントに関連してオファーをランク付けすることができます。

スコア行列を使用すると、Contact Optimization セッション内のスコアを一元管理できます。

特定の戦略的セグメントの特定のオファーにスコアを入力することも、すべての戦略的セグメントのすべてのオファーにスコアを入力することもできます。スコア行列のスコアを使用するように Contact Optimization を構成している場合、スコア・フィールドや PCT のスコアはいずれも無視されます。

任意の数値をスコアとして入力可能であり、そのスコアは所属組織にとっての任意の利益の指標(収益、利益、純利益、レスポンスの見込み、潜在的な価値、予期される価値、顧客の忠実度、ブランドの価値など) を表すことができます。コンタクトに割り当てるスコアが高いほど、そのコンタクトへの期待度が高くなります。Contact Optimization は、OCT でスコアの合計が最大になるようにします。スコアのサイズは、使用データベースの浮動小数点型で制限されます。

オファーおよび戦略的セグメントは、Campaign で作成され、管理されます。詳しくは、「IBM® Campaign ユーザー・ガイド」を参照してください。

ご使用の Contact Optimization セッションのスコア行列で使用可能なオファーおよび戦略的セグメントを指定できます。