Domino 12 の ODS 55 で導入された拡張機能

HCL Domino® Domino 12 では、データベースのファイル形式として、オンディスク構造 (ODS) 55 が導入されました。

HCL Domino 12 から導入された ODS 55 により、データベース ACL で許可されるエントリ数と、個々の集計フィールドと個別の非集計フィールドに許可される最大サイズが増加しました。
注: データベースを ODS 55 にアップグレードした後、データベース内のすべてのビューを再構築する必要があります。ビューの再構築は、最初のアクセス時に、または updall または dbmt が実行されたときに実行されます。

許可された ACL エントリの増加

HCL Domino® 12 で ODS 55 を導入したことで、データベース ACL で許可されるエントリ数は 65,535 件まで増加しました。これまでの上限は 950 件でした。この増加を有効にするには、データベースを ODS 55 にアップグレードした後、ACLの編集に使用するサーバーとクライアントの両方に以下の notes.ini 設定を追加してください。
NSF_ENABLE_LARGE_ACL=1

ACL エントリを増やしたデータベースをダウングレードする場合は、コンパクト -r コマンドを使用する前に、サイズが 32KB になるように十分な数のエントリを削除してください。そうでない場合は、ACLが破損し、新しいデフォルトACLが作成されます。

注: R12以前のクライアントでは、ACLが32Kを超えると「ACL が破損している」というメッセージが表示されます。

個々の集計フィールドで許容されるサイズの増加

ODS 55 では、データベース内の個々の集計フィールドに使用できる最大サイズも16MBに増やされます。要約フィールドは、リッチテキスト以外のフィールド、数値フィールド、および日時フィールドです。これらのフィールドの以前の上限は 64 KB でした。このようにフィールド・サイズを大きくするには、データベースを ODS 55 にアップグレードするだけでなく、load compact -c -LargeSummary on <database> コマンドを使用してデータベースの大規模集計データを有効にする必要があります。(Create_R12_Databases=1 が設定されている場合、コマンドでデータベースを ODS 55 にアップグレードすることもできます)。ビュー内のキーの長さ + データ長は、64K を超えることはできません。

データベースが ODS 55 で、LargeSummary が有効になっている場合、R12以前のNotesクライアントやDominoサーバーでは、65,406 バイトを超える長さのアイテムを持つドキュメントにアクセスできないことがあります。

注: Domino 12 では、Domino 12 C API と Domino Query Language でのみサポートされます。

個々の非集計フィールドに対して許可されるサイズの増加

各非集計フィールドは最大約 1 GB、ドキュメントの最大サイズは 4 GB になりました。

注: Domino 12 では、Domino 12 C API と Domino Query Language でのみサポートされます。