Domino のオンディスク構造 (ODS)

オンディスク構造 (ODS) は、データベースのファイル形式を参照します。HCL Domino® および Notes の各リリースには、データベースのデフォルトの ODS バージョンがあります。新しいリリースでは、以前の ODS バージョンでは使用できなかったデータベースの拡張機能を提供する新しい ODS バージョンが提供される場合があります。

次の表は、最近の Domino および Notes リリースごとに、ODS のデフォルトバージョン、提供される新しい ODS バージョン、および新しいバージョンを有効にするnotes.ini 設定の一覧です。
Notes / Dominoリリース デフォルト ODS 新しい ODS 新しい ODS を有効にする notes.ini
9 43 52 Create_R9_Databases=1
10 52 53 Create_R10_Databases=1
11 52 「なし」 N/A
12 52 55 Create_R12_Databases=1

Create_Rx_Databases=1 設定を使用しない場合 、新しいデータベースはリリースのデフォルトの ODS バージョンを使用します。たとえば、Domino 12 で作成された新しいデータベースでは、ODS 52 が使用されます。リリースのデフォルトの ODS バージョンを使用しない既存のデータベースは、コピー圧縮方式を使用して最適化された場合、そのバージョンにアップグレードされます。

Create_R x _Databases=1 設定を使用すると、新しいデータベースは、設定で指定されたリリースの ODS バージョンで作成されます。例えば、 Create_R12_Databases=1 を使用すると、新規データベースでは ODS 55 が使用されます。既存のデータベースは、コピー圧縮方式を使用して最適化された場合、その ODS にアップグレードされます。

データベースの ODS バージョンは、[データベースのプロパティ] ボックスの i タブに表示される。
データベースの [プロパティ ボックス] に表示される ODS バージョン 53
データベースの ODS バージョンは、Domino 管理者クライアントの [ファイル] タブの [ファイル形式] 列にも表示されます。
[ファイル] タブの [ファイル形式] 列に表示されるデータベースの ODS バージョン