Ounce/Make ビルド・ユーティリティー

Ounce/Make は、makefile を使用するビルド環境から AppScan® ソース への構成情報のインポートを自動化するツールです。Ounce/Make を使用すると、makefiles から構成情報を手動でインポートする必要がなくなるため、プロジェクトを構成する際にはこの方法をお勧めします。

Ounce/Make ユーティリティーは、AppScan® ソース プロジェクト・ファイル (.ppf) を makefiles から生成するためのコマンド行インターフェースを提供します (makefileは、実行可能アプリケーションまたはライブラリーをソース・ファイルからビルドする手段を提供します)。生成された ppf ファイルには、対応する Make ファイルがコンパイルを担うソース・コードを評価するために AppScan® ソース が必要とするすべての情報が収められています。Ounce/Make によって .ppf ファイルが生成されたら、AppScan® ソース にプロジェクト・ファイルをインポートまたは追加できます。

このユーティリティーを起動するには、以下の操作を行います。

  • Windows システムでは、<install_dir>\bin\ouncemake.exe (<install_dir>AppScan® ソース インストールの場所です) を例えば Windows (32 ビット) で実行します。
    C:\Program Files\IBM\AppScan Source\bin\ouncemake.exe
  • Linux システムで、 <install_dir>/bin/ouncemakeを実行します。例えば、次のようになります。
    /opt/ibm/appscansource/bin/ouncemake

Make は、モジュールとその変更回数の相互依存性を考慮しながら、プログラムのコンパイル、リンクなどを自動化するツールです。Make は、makefile から命令を読み取ります。Make ファイルには、ビルドする一連のターゲット、ターゲットが依存するファイル、およびターゲットを生成するために実行するコマンドが指定されています。