資産グループ

資産グループは、組織の抽象的な構成要素 (「財務」や「エンジニアリング」) を表します。管理者は、特定のアプリケーションを資産グループに割り当て、そのグループに属するユーザーを制限することで、それらのアプリケーションへのアクセスを制限することができます。

アプリが属することができる資産グループは 1 つだけですが、資産グループは複数のアプリを所有できます。個々のユーザーは、自分が所属する資産グループのアプリと問題のみを表示できます。ダッシュボード内のトレンド分析チャートには、そのユーザーの所属グループが所有するアプリに関連するデータのみが表示されます。ユーザーがアプリの所有者グループ・プロパティーを変更できるのは、アプリがそのユーザーの所属グループに変更された場合、またはユーザーが管理者の場合です。
注:
  • ASoC を使用している場合、管理者は資産グループを作成して、アプリとユーザーを資産グループの間で移動することができます。
  • 資産グループを削除する場合、最初にその資産グループからアプリを削除する必要があります。アプリを別のグループに割り当てることができます。
  • 資産グループに割り当てられていないユーザーは、その資産グループ内のアプリケーションを作成、編集、表示できません。
  • 資産グループ・ページには、各資産グループに属するアプリとユーザーの数が示されます。
  • 管理者はすべての資産グループに所属します。管理者として特定されているユーザーは、各資産グループのユーザー数に含まれます。