Open Data Protocol

このセクションでは、ASoC API を介して Open Data Protocol (OData) を使用するための情報とヒントを示します。

OData とは、RESTful API を構築して利用する際のベスト・プラクティスをまとめた Web 規格です。ASoC API では、OData V3 プロトコルに従って、取得済みのレコードを選択し、フィルタリングできます。データを取得する API メソッドのほとんどでは、オプションで同じクエリー・パラメーターを使用できます。そのいずれも、OData プロトコルに準拠し、同じタイプのクエリーを受け入れることができます。